別れと出会いの春

2021.04.15

2021年3月、すくすく保育園の第一期生として2人が巣立っていきました。

開園当初からこどもたちのリーダーとして園をひっぱってくれていた2人でしたが、卒園式の立派な姿に職員も保護者も感動しきりでした( ;∀;)

卒園記念品は2人が1月に仕込んでおいたぬか漬けとお味噌です。

敬子先生が素敵にラッピングしてくれました。

だいとくん、ゆうひちゃん、保育園のみんなはずっと2人を応援してますよ^^

さてさて、今年に入ってからのイベントでUPしていなかったおみせやさんごっこの様子です。

みんなで力をあわせてつくった商品でおみせやさんごっこを開催しました。

たべものやさん、おもちゃやさん、おしゃれやさん、たっくさんの商品が売っていてこどもたちは目を輝かせていました。

ぼくはみかんをゲットしたよ!!

そして、令和3年度4月がはじまりました。

すくすく保育園には新しく4人のおともだちがやってきました。

在園児もひとつ進級してちょっぴりおにいちゃんおねんちゃんになった気分。

今年度もみんなの成長が楽しみです♪♪♪

ことしもよろしくお願いします。

2021.01.18

2021年になりました。

ホームページのすくすく日記は久しぶりの更新です。

インスタグラムとフェイスブックは定期的に更新していたのですが(;゚Д゚)なーんて言い訳したり 笑

さて、すくすく保育園は今年はもっともっとにぎやかになりそうな予感です。

19名の定員でしたが、30名の定員と枠を広げて現在、園児募集中です。

年齢によってはすでに定員に達しているクラスもあります。

令和3年度は年長さん(5歳)年少さん(3歳)0歳児のみ空き枠がございます。

まずはお気軽にお電話いただければと思います。

さてさて、では最近のこどもたちの様子をちょっとご紹介。

今年の新年1日目の給食もおせち給食でした。

黒豆、なます、きんとん、海老艶煮、筑前煮、玄米餅入りお雑煮

一人ずつお膳に盛り付けてテーブルに運ぶと、こどもたちから歓声があがりました。

こちらはりすぐみさん(0歳児)のこうすけくん。

体育会系担任のゆりせんせいとのお散歩コースはハードでごわす。

堤防近くの坂をのぼらされるでごわす。

おいどんも日々の修行のおかげで手をつかずにのぼれるようになったでごわす。

坂道をのぼりきったらお楽しみのごほうび♪

園長先生が作ってくれた段ボールのそりで草スキー。

青空にいっちゃんの笑顔がよく映えます^^

はやとくんとみつはちゃんは草スキーを拒否してふたりでまったりおしゃべり。

しないよねー!

ねー!

しないよねー!

ねー!

とふたりでおしゃべりデート♡

こちらはといいますと・・・

年長さんのだいとくんとゆうひちゃん。

みんながお昼寝中の時間を利用して卒園制作・・・という名の味噌仕込み。

卒園の際は園児には味噌を2キロずつ記念に持ち帰ります。

そのお味噌で小学生になったらお味噌汁を作れるように願いを込めて。

3か月後に食べられるように年明けに早速仕込みました。

さすがは年長さん。

毎月味噌仕込みをしてきたかいもあって慣れた手つきでもみこんでいました。

だいとくんとゆうひちゃんと過ごす時間もあとわずか・・・

思いでいっぱい作ろうね♪

開園1周年を迎えました

2020.08.12

7月16日で開園1周年を迎えました。

記念に全員集合♪♪

開園記念イベントとしてみんなですいか割をしました。

りすぐみさんたちは大きなスイカにびびり気味?!

はりきっておそろいのスイカTシャツで登園してきたうさぎぐみボーイズ。

いざ、すいかを前にしたらなぜか大泣きでした。

ある日のヒトコマ。

自分で作った作品をみんなの前で発表したよ。

どんなところが特徴なのか、ちゃんと自分のことばで発表。

2歳児さんたちも前にでておにいさんおねえさんの真似をして発表しました。

すくすく保育園は「ことばと考え方を育む環境」を大事にしています。

みんなの前で発表するってドキドキするけど、自分の想いが伝わるのってうれしいよね^^

こちらは雨の日遊びのひとこま。

梅雨は嫌なことばかりじゃないんだよ。楽しいこともあるんだよ。

ぞうぐみのみくせんせいが企画してくれました。

色とりどりのかっぱと傘がきれい。

ママといっしょだったらみずたまりに飛び込むなんてNGですが、保育園ではOK!!

はじめての傘がうれしすぎて恍惚の表情 笑

こちらは園長先生の畑でとれたミニトマト。

ひとりずつ収穫しました。

とれたてトマトを並んでいただきまーす!

きょうは赤しそ仕込み。赤しそは提携農家の家根谷さんが無農薬の赤しそを届けてくれました。

みんなで漬けた梅干しを赤く染めるよ。

姉妹で仲良く塩もみ。

赤しそに梅酢を入れるときれいな赤色に。

こどもたちも先生も思わず「おー!」と歓声をあげていましたよ。

おともだちと力をあわせてもみもみ。

2年目もみんなで楽しいことたっくさんしようね♪

梅仕込み&みそでびゅー

2020.05.25


梅の季節になりました。

すくすく保育園の給食に欠かせない梅干しを仕込む時期です。

昨年は開園に間に合わず、土用干しからこどもたちに参戦してもらいましたが、今年は仕込みからこどもたちがやりました。

梅は、湧水町の園長先生の実家にだいとくん、ゆうひちゃん、しょうとくん、ゆづきちゃんがとりにいってくれました。

「きょうは、みんなで梅干しを作ります。これなーんだ??」

「うめー!!!!!」

「赤くないねー」

「みどりだねぇー」

まずは、香りをかいでみよう!

いいにおいー(*´▽`*)

うっとりするこどもたち。

おいおい、お鼻にこすりつけるのはやめてくれー 笑

梅はやさしく扱うことを頭に入れて、まずは年長さんがお手本。

カビ防止の焼酎のお風呂に梅さんをやさしーくいれてから樽に入れていきます。

大事に大事に梅仕事♪

お塩は甑島でとれた天然あらじおを使っています。

次の仕事は赤しそ漬け込みかな。

またしばらくあとのお楽しみ・・・・

つづきましては、うさぎぐみさん(1歳児)の味噌仕込みデビュー戦の様子。

エプロン姿が様になってるでしょ?

腰を入れて大豆をつぶすいちかちゃん。

ほーほー、そうやるのかー!とはやとくんとみつはちゃん。

麹をもみこみ作業もみんなとっても上手になってきてます。

ちいさなおててを懸命にぐーぱーぐーぱーしながらもみこんでいくぱんだぐみ(2歳児)とぞうぐみ(3~5歳児)のおにいさん、おねえさんはさすが回数をこなしてきているだけあって上手^^

この真剣な表情!!

空気をぬいて固める作業ももうばっちり★

今月のお味噌もおいしくなること間違いなし(*^^*)

令和2年度はじまりました

2020.05.09

ごぶさたしてます。すくすく日記です。

令和2年度、新メンバー3名が加わり、19名でスタートしました。

ひとつお兄さんお姉さんになって進級したこどもたち、さぁどんな1年になるかな??

新入園児のりすぐみさん(0歳児)3名です。

食欲旺盛のとうまくん。玄米クリームの離乳食をモリモリ食べてます。

いつもニコニコご機嫌のはるにゃん。

先輩方が仕込んだお味噌のみそ汁はいかがかな?

園庭だけじゃなくて室内まで大きな鯉が泳いでます。

鹿児島の端午の節句の伝統料理、あくまき(ちまき)を作りました。

これ、わたしの!上手にできたでしょ??

竹の子の皮にもち米を入れます。

上手に入れられるかな??

ゆりせんせいのおばあちゃんちでとれたグリーンピース。

みんなでさやから取り出す作業をしました。

コロナの影響でなにかと世間は騒がしいですが、すくすく保育園ではこどもたちの自己免疫を高める食と活動に力を入れて、コロナをよせつけない体づくりを目指しています。

節分、大根漬、バレンタイン

2020.02.15

すっかりご無沙汰しておりましたすくすく日記。

あけましておめでとうございます 笑

日記をお休み(おさぼり)している間もこどもたちは充実の日々を過ごしていましたよー(#^^#)

その様子をまとめてUPします。

まずは・・・・

2月3日は節分でした。

すくすく保育園には鬼さんの都合とこどもたちの出席率によって鬼さんが1日と3日の2回登場( ゚Д゚)!!

子どもたちにしてみればまさに鬼スケジュール!!

2回も鬼さんに襲撃されたこどもたち。

自分の中にいる鬼をやっつけられたかな??

果たして、4人の鬼さんの正体は?!

鬼さんたちは今月打ち上げで飲みに行くそうです。

鬼飲み( *´艸`)

これは・・・

事務長の足じゃないよー。

93歳になった阿久根にお住いの社長のお父様が育てた無農薬大根です。

保育園のフェンスに干されて冷たい風にさらされること約3週間。

さぁ!!!今日はお漬物にしますよー。

米ぬかに塩と昆布と唐辛子を混ぜて・・・

大根を入れた上に糠を入れて・・・

仕上げに大根葉をのせる。

出来上がりが楽しみです^^

つづきましては、バレンタイン企画。

大好きなパパにみそ玉トリュフを作ろう。

こどもたちが毎月仕込んでいるお味噌で作る味噌玉トリュフです。



お味噌に鰹節とわかめをいれてよーく混ぜて、

ころころきれいにまるめてー

トッピングをします。

鹿児島産紫芋パウダー、無添加とろろ昆布、瀬戸内産桜海老、吹上産胡麻

素材にもこだわっています。

みてみて!ステキでしょ??

本物のトリュフみたーい!!

てまり麩の数が多いのは欲張り女子のお年頃にみられる傾向です 笑

パパへの愛がてまり麩の数に比例してるのかな^^

チョコみたいですが、みそ玉です。

お椀に入れてお湯を注いでみそ玉をとかしたら立派なお味噌汁になるんです。

すくすくらしさ満載のバレンタイン。

仕上げは大好きなパパのお顔を書いてラッピング。

りす組(0歳児)とうさぎ組(1歳児)もラッピングのおえかきだけは自分でやりいました。

来年はいっしょに作ろうね。

受け取ったパパの中には玄関で泣いちゃったパパもいたそうです( *´艸`)

バレンタイン、大成功だったね♡

サプライズクリスマス

2019.12.25

クリスマスの朝、登園してきたこどもたちはご機嫌さん。

サンタさんにもらったプレゼントのお話がとまらないこどもたち^^

そんなおりこうさんのこどもたちにサプライズでサンタクロースにお越しいただきました。

リンリンリン・・・

あれ、鈴の音が聞こえるよ??

あー!!!!!!

サンタさんだー!!!

うれしさ半面、ドキドキ、こわごわで微妙な距離のこどもたち 笑

りすぐみボーイズはサンタさんに大泣き。

どっかでみたことある人だよ!おもいだして!はやとくん!

かわいいヘッドセットでクリスマスモードです。

そんなクリスマスの日の給食は????

「ほんとに毎日玄米和食しかダメなんですか?」

「たんじょうびやイベントの日くらいはハンバーグとかからあげとかケーキダメなんですか?」

・・・と、しつこく社長にたずねていた事務長。

そのたびに「うちは玄米和食給食なの!肉も乳製品も卵も砂糖もつかいません!!」

と、徹底した姿勢のぶれない社長に「ちぇっ。」とすねていた事務長。

でも、久美子社長、ちゃんと考えてくれていました(´;ω;`)

事務長もこどもたちもせんせいたちも喜ぶクリスマスメニューを!!!!!

じゃじゃじゃじゃーん!!

玄米和食ですくすく保育園のポリシーは守りつつも、おしゃれなクリスマスごはん!!

こどもたちの前に料理をセットした瞬間、歓声があがりました^^

誰よりも喜んでいたのはみくせんせいだったけど 笑

☆五分付き米のケーキ寿司(たくあん、にんじん、干し椎茸)なんと酢飯にもお砂糖使用せず!でもちゃんと酢飯で甘いのです^^

☆つみれ入りお味噌汁

☆ブロッコリーツリーのポテトサラダ(じゃがいもは園長先生の育てた園舎横の畑でとれたお芋)卵を使わないふみえ先生特製の豆乳マヨネーズであえてあるポテトサラダはこどもたちに大好評^^

☆大根と人参のシフォンサラダ(めちゃうま手作り人参ドレッシングをたっぷりかけて♪)

乳製品・肉・卵・砂糖を使わずして、クリスマスメニューできちゃいましたv( ̄Д ̄)v

くみこせんせい、サプライズクリスマス給食をありがとうございました!

おもちをつきましょぺったんこ♪

2019.12.25

12月とは思えないポカポカお天気の土曜日、お楽しみ会を開催しました。

保育参観を兼ねて、普段のこどもたちの園生活を保護者に見学していただいたあと、メイン行事のもちつき大会のはじまりはじまりー!!

ベテランおじいちゃん参上!!さすがさすがの腕前でした。

ママが返してパパと娘がぺったんこー♪

上手にコロコロまるめられました

ママとパパといっしょに給食タイム

わたし、いつもこんなごはんをたべてるのよー^^

きなこもちをたくさん食べたのはだれかしら???

保育園の御用達、福永先生の無農薬玄米もち米で玄米餅をつきました。

噛めば噛むほどほんのり甘くて味がある玄米餅です。

近年は衛生面の関係からも懸念されがちな杵と臼の餅つき大会ですが、せっかくの季節の伝統行事をこどもたちと楽しめてよかったと思います。

※ついたおもちは各家庭ごとにトレーにボンっとのせて配布、まるめるのは各家庭におまかせして、それぞれ好きな大きさに成形してもらいましたよ^^


魚の解体見学

2019.12.05

乳製品・卵は一切使用せず、肉類も月に2回ほど、玄米・野菜・穀物・海藻類が中心のすくすく保育園の給食ですが、毎週木曜日はお魚がおかずにあがります。

そんな木曜日の前日、魚の仕入でぶりを仕入れたら、やってきたのはまるまる一匹の大きなぶり。

調理のふみえ先生もさすがに「え・・・。」

そんなときは保育園のなんでもやさん、園長先生の出番。

園長先生はつりが趣味なのでお魚もさばけるのです。

そこで、予定にはなかったのですが、せっかくの機会なのでこどもたちにも一匹の魚が給食になるまでを学んでもらうことにしました。

女の子たちはとても真剣なまなざしで見入っていました。

「ここが心臓、ここがおなかの中、ここは骨」

園長先生が説明をしながらさばいていきます。

りすぐみさんとうさぎぐみさんもカートから身を乗り出して食い入るようにみつめていました。

そして、みごとに3枚におろされて、アラが残りました。

「頭だ!目だ!骨だ!」

「そうだね。お魚もみんなと同じように頭も目も骨もあります。そして、みんなと同じようにおとうさん、おかあさんがいて、きょうだいがいて昨日まで家族といっしょに海を泳いでいたんだよ。」

「でも、もう死んでるよー。」

「そうだね。今はもう死んでしまっているね。みんなに食べられるために死んでしまったんだね。だからみんなはお魚さんのいのちを食べるんだよ。だからごはんを食べる前にはいのちをもらうから『いただきます』って言います。」

こどもたちにどれだけ伝わったかは分かりませんが、これからはきっとごはんの前の『いただきます』により思いを込めてくれるようになるんじゃないかな・・・と期待します。

そして・・・・

園長先生がさばいたぶりはふみえ先生の手でみごとなぶり大根に^^

こ、これがきのうのおさかなでしゅか!!にぎにぎしてうまうまでしゅ!!

ぶりに夢中でハナミズなんて気にしてられないよー!!

ぶりだけ一気に食べちゃうだいとくん。おかず・・・もうないよ(;゚Д゚)

とってもおいしくいただきました。

わたしたち大人もいのちをいただくことにいまいちど思いをはせて感謝して日々の食事をいただこう。

改めてそう思う時間となりました。

バーバラ植村講演会&芋煮会

2019.11.22

先日のスポーツ大会の熱もまだ冷めやらぬ中、すくすく保育園秋の2大イベントのひとつ、バーバラ植村氏講演会&芋煮会を開催いたしました。

スポーツの秋のあとは、教養と食欲の秋です!

保護者の方々、職員、こどもたち、提携農家と提携講師のみなさん、みーんなでバーバラさんのお話を聞きました。

初めて会うバーバラさんにびっくりして泣いちゃう子もいれば、熱いハグを何度も何度も要求する子もいたり・・・笑

講演会も大盛り上がりでした(#^^#)

笑顔と感謝、口で言うのは簡単ですが、やっぱり大事なこと。

目をみて「ありがとう」が言えない大人もこどもも多いです。

こどもたちもですが、まずは自分から。

何かをやりながらの「ありがとう」じゃなくて、目を見てしっかり伝えよう。

「ありがとう」がたくさん飛び交う保育園にしていきたいと思います。

そして、講演会後は、芋煮会。

じゃじゃーん!!

園長先生のお母さんが田舎でそばを打つときに使っていた大鍋です。

春になったらみんなでこのお鍋であくまきも作る予定です♪♪

今回の芋煮会、開催にいたった発端は、提携農家の内田さんの提案からでした。

芋煮会は東北地方の伝統らしいのですが、大きなお鍋をみんなで囲んで秋の収穫を祝う行事です。

すくすく保育園は3か所の農家さんと契約を結んでいます。

どの農家さんも難しいといわれている完全無農薬を徹底してくださっています。

卵・乳製品は一切使用せず、肉・魚もほとんど使用しないすくすく保育園のメインは玄米とお野菜たち。

安心して食べられる提携農家さんたちのお野菜をたっぷり入れて、自分たちが仕込んだお味噌で味付けした味噌鍋は最高の味でした( *´艸`)

お天気もとっても良くて11月とは思えない日差しの下、大好きな家族といっしょに食べる味噌鍋で普段の給食よりさらに食がすすんだこどもたちでした^^


来年は地域の方々にもご参加いただけたらもっとにぎやかな芋煮会ができそうだなーと検討しています。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございいました。